コミュニティエフエムに最適

防災情報・災害情報を迅速簡単確実に自動放送できる

ラジアラート - コミュニティFM向けLアラート活用システム -

「ラジアラート」は、簡単かつ確実に、地域の安全・安心に関する公的情報を地域の住民に向けて放送できます。
コミュニティエフエムなど、運用予算や人的リソースが限られているラジオ局や、地域に密着したラジオ局に最適のシステムです。

こんな悩み解決します!!

リアルタイムで放送できていない

深夜など、災害が発生時にラジオ局に人が居ない状況の場合、情報発信したいのにすぐ情報発信できない。

情報入手に時間がかかりすぎている

役所にTEL、FAXを待つ、聞きに行く確認作業
防災情報や避難場所情報の入手・確認に時間がかかり、情報発信が遅い
住民に必要?
地域の住民に必要な地域の情報かの判断が難しい

地方自治体が発信する情報を迅速かつ確実に放送

Lアラートとは

地方自治体やライフライン事業者、国等が発信する安全・安心に関する情報を放送局などのメディアに一斉配信するプラットフォームです(マルチメディア振興センターが運営)。災害情報を地域の住民に迅速かつ確実に届けます。
Lアラートを介して送られてくる情報は地域ごとの情報となっています。気象警報・注意報、地震といった情報から、避難指示・避難警報や避難所情報など、地域に住まわれている方にとって有用・必要な情報としてまとめられています。
Lアラートを活用することにより、地域の安全・安心に関する情報を、地域の住民に向けて迅速に届けることが可能になります。

人が読み上げたような自然な自動音声

Lアラートを介して送られてくる情報から読み上げ原稿を自動生成し、HOYA社製の音声変換エンジンを使って音声に変換(自動読み上げ)します。地名辞書なども設定できるので、より地域に合わせた音声変換が可能になります。

アクセス集中のため、現在、本サイトでの音声サンプル公開を休止しています。サンプル音声をお聞きになりたい方は、お問い合わせください。

担当者不在時も自動で割込み放送可能

「自動割込み」とは

緊急性の高い防災情報や災害情報を受け取ったシステムが、番組を一時中断し、防災情報や災害情報を割込み放送します。
夜間の担当者がいない時間であっても、地域の住民に情報を発信することが可能になります。
情報の種類や時間などの条件によっては割り込まずに待機させる等の運用ルールも設定可能です。(例えば自動割込みは夜間のみにし、日中は放送局員が対応する、等の運用が可能です)

「自動割込み」の仕組み

導入実績

中央エフエム

  • 地震および気象警報を自動読み上げ
  • Twitter、Facebookにテキスト情報を配信

お問い合せ

〒135-0064 東京都江東区青海二丁目7-4
株式会社サイエンスインパクト contact@science-impact.co.jp
〒721-0952 広島県福山市曙町5-9-36
株式会社ミウラ 井上 広 hiroshi.inoue@kkmiura.jp